どれが理想?違いで選ぶ結婚式のスタイル3つ!

憧れの白いドレスとヴァージンロードキリスト教式

もっとも人気のスタイルがこのキリスト教式ではないでしょうか。キリスト教式はその名の通り、キリスト教の教義に則って夫婦の誓いを立てる挙式スタイルです。新婦は白いウエディングドレスにヴェールをかぶり、新郎はタキシードを着用することが一般的です。主な流れは、新郎入場→新婦入場→賛美歌の斉唱→聖書朗読と祈祷→誓約→指輪の交換→ベールアップ(誓いのキス)→結婚宣言→結婚証明書に署名となります。式の最重要場面である誓約は神父(または牧師)の問いかけに対し「はい、誓います」と答える形で行います。「健やかなる時も、病める時も」という言葉は有名ですね。キリスト教信者でない場合、教会での挙式は制約がある場合もあるので、ホテルや専門式場のチャペルで挙げる人が多いようです。白いドレスとヴァージンロード、誓約の言葉に憧れがある人にお勧めのスタイルです。

和装で彩る日本の伝統美神前式

近年じわじわと人気が出てきている神前式。日本古来の神様に対して夫婦の誓いを立てるという形になります。新婦の衣装は白無垢か色打掛、黒の引き振袖と、大きく3種類があります。また本来、白無垢だけは綿帽子と角隠しのどちらかを選ぶことができ、色打掛・引き振袖の場合は角隠しを被ります。しかし近年は洋髪を合わせたりオーガンジー素材の綿帽子を被ったりと、これまでの枠にとらわれないスタイルを選ぶ人も多いようですね。主な流れは参進の儀(さんしんのぎ・花嫁行列の入場)→修祓(しゅうばつ・清めのお祓い)→誓盃の儀(せいはいのぎ・三三九度)→誓詞奏上(せいしそうじょう・新郎新婦による誓いの言葉)→玉串奉奠(たまぐしほうてん・新郎新婦が神前に玉串を捧げる)→指輪の交換→親族盃の儀(しんぞくはいのぎ・両家の親族がお神酒をいただく)となります。挙式会場は神社の他、ホテル内の神殿で挙げる人も多いようですね。筆者は夫の希望で神前式にて挙式しましたが、「誓いのキス」がないので「親や共通の友人の前でキスなんて恥ずかしい」という人にもお勧めです(笑)

自分たちだけのオリジナル挙式人前式

こちらも近年人気が出てきているスタイルなので、参列したことがあるという人も多いのではないでしょうか。人前式は字の通り「人の前で」誓いをたてる挙式スタイルです。ここでいう「人」とは列席者、つまり招待客のことで、「日頃お世話になっている皆様の前で誓いを立てたい」というカップルが増えてきている表れでしょうか。チャペルで行う場合、主な流れは新郎入場→新婦入場→誓約→指輪の交換→ベールアップ(誓いのキス)→結婚宣言→結婚証明書に署名という形になることが多いようです。誓約は、新郎新婦のオリジナルの言葉で、二人が列席者のほうを向いて読み上げるパターンが多いですね。筆者の友人には「脱いだ靴下は必ず洗濯カゴに入れることを誓います」と宣言した旦那さんがいて、列席者一同爆笑でした。二人の希望次第で、厳かにもアットホームにも、ドレスでも和装でもできる、とても自由度の高い挙式だと思います。「こんな結婚式、初めて!」とゲストを驚かせたい人にお勧めのスタイルです。

高崎の結婚式場では、素敵な結婚式を行うために役立つ充実したプランが揃っており、ウェディングプランナーと相談しながら納得のいく結婚式を実現することができます。