知らないと恥をかくかも?結婚式のご祝儀についての知識

意外と細かい注意点が多い結婚式のご祝儀

結婚式へ招待された時に、まず真っ先に用意しなければならないものの一つがご祝儀ですよね。ただこのご祝儀、金額はもちろんのことですが、袋の選び方、書名の書き方、袋の包み方、果てはお札の入れ方などなど……細かいものまで挙げていけばキリがないほど守るべきマナーがあるのです!結婚式への出席に慣れてない人だとどうしても戸惑ってしまいますよね?今日はその結婚式のご祝儀に関するマナーの一部を紹介してみようと思います。

安すぎるのは論外。でも変に見栄を張りすぎるのも?

身内の結婚式でない場合、ご祝儀の相場はおおむね3万円と言われています。当然ながら3万円が普通のご祝儀のところで1万円と言うのはNGなのですが、見栄を張って高すぎる金額を入れるのもやめておいた方が良いでしょう。逆に相手を恐縮させてしまいますからね。また、ご祝儀袋を買う時に若い人が「綺麗だから」という理由で華やかな装飾が施された豪華なものを選んでしまうことがありますが、袋と額面は釣り合っている必要があります。3万円程度の普通のご祝儀なら袋も普通のもの(白の包み紙に赤白の水引き。他に飾りが無いもの)を選んでくださいね。

金額以外にも注意点はいろいろ……

初心者は意外と見落とす事が多いのですが、結婚式のご祝儀として渡すお金は新札が基本です。お祝いなのにしわくちゃのお札では良い気がしなくて当然ですよね?新札は銀行で簡単に入手できますので、当日になって慌てたりせずにちゃんと早めに用意しておきましょう。また、中袋の氏名や住所をたまにボールペンで記入する人がいますがこれは本当にやめた方が良いです。ボールペンは通常お悔やみごとで用いるからです。毛筆、もしくは筆ペンで書きましょうね。いかがでしたでしょうか?他にも注意点は色々ありますが、新郎新婦を祝福する気持ちがあるなら決して苦ではないはずです。ご祝儀で恥をかくようなことなく楽しく祝いの席をすごしましょうね!

天神の結婚式場数はとても多いそうで、どの会場もお客様の獲得に必死だそうです。見積もりの段階なら、いろいろなわがままでも聞いてくれるそうです。