基本的なマナーはできてる!?結婚式のご祝儀

何気なく渡しているご祝儀の意味とは?

成人すると結婚式にお呼ばれする機会も増えていきますよね。1か月に2回も呼ばれてしまい、ご祝儀で生活費が厳しくなった!などという経験がある人も多いでしょう。何気なく渡しているご祝儀ですが、どのような意味があるのか考えて渡している人は少ないですよね。ご祝儀は結婚のお祝いだけでなく、結婚式にかかった費用を出席者も負担していることになるのです。披露宴の食事や引き出物などは自分で支払っていることになるのですよ。

ご祝儀でやってはいけない事とは?

ご祝儀を包む際に気をつけなければいけない基本的な事が偶数を入れてはいけないという事です。3や5などの奇数は割り切れないという事で吉とされているのですよ。しかし会社の同僚や友人などの場合、ご祝儀の相場は2万円から3万円と言われています。もし2万円を包む場合には1万円1枚、5千円2枚入れるのがマナーなのですよ。若い人はそれほどこだわっていない人も増えているようですが、基本的な常識として知っておきたいですよね。

ご祝儀のマナーは意外とある

ご祝儀には他にも色々と決まり事があります。初めて結婚式に参列する際にはわからない事ばかりだと思いますが両親に聞いたり、またインターネットやマナー本などで調べるようにしましょう。ご祝儀袋の中にお札を入れる場合は表向きに入れるのが決まりです。裏にしていれるのは不幸の時と言われているので気を付けたほうがよいですよね。また2人の新生活をお祝いするので新札を包むのがマナーです。使い古されてぐしゃぐしゃの紙幣を入れないように気をつけましょう。

千葉の結婚式場は予算に合わせてプランが用意されており、スタッフによって最高の式が挙げられるように提案をして貰えます。