みんなに心から祝って欲しい!結婚の報告に適したタイミングとは

職場への報告は焦らない事

結婚式を挙げるとなりますと、2人だけで好きな日取りを決めて、適当に挙げる訳にはいきません。当然ですが、結婚をするという事は、それだけ周りの支えが必要になるんです。そこで大切なのが、結婚の報告のタイミングです。失敗しない為にも、タイミングは間違えないようにしましょう。特に職場への報告は、女性は仕事を続けるのか、それとも辞めてしまうのかという、大切な分岐点でもあります。ですので、結婚の報告は焦らずに、具体的な式の日取りが決まってから報告をするようにしましょう。

友人や知人への報告はタイミングが大切

友人や知人の場合には、結婚式に参加をしてもらう都合上、あまりギリギリに報告をしてしまっては失礼にあたります。ですので、タイミングを見計らって、遅くとも3ヶ月前までには報告をするようにしましょう。また、気を付けたいのが仲の良いグループやサークルなど、仲間に報告をする時。そういった時は、出来る限り個人個人に報告をするのではなく、食事など一緒に集まる機会を作って、みんなに同時に報告をするように心がけましょう。そうしませんと、タイミングがずれてしまう事で、私だけ聞いていない!といったようなトラブルが発生する可能性がありますよ。

親族への報告は親からしてもらおう

最後に、親戚への報告ですが、遠方など普段からあまりやり取りが無い人への報告は、自分達から報告をするのではなく、親を通して伝えてもらうのがベストでしょう。ですが、仲が良くて、どうしても自分で伝えたいという場合には、自分から伝えても問題ありません。このように、良い結婚式を挙げる為には、結婚の報告のタイミングを誤ってはいけないんです。みんなに笑顔で祝福してもらうためにも、出来る限りの配慮はするように心がけましょう。

素敵な結婚式場を神奈川で選ぶと、演出面はもちろんのこと会場も素晴らしい場所が多いので、素晴らしい結婚式になります。