結婚式の挨拶を成功させるために!草稿を書く上での注意点

長くなりすぎないように!

結婚式の挨拶の草稿を書くときには、文字数が分かりやすいように、原稿用紙を使うようにするとよいでしょう。文字数の多少で、話に要される時間が、ほぼつかめますよ。結婚式での挨拶、スピーチは通常1分から3分、文字数にして300字から900字が目安なんですよね。どのように良い話だったとしても、5分を超えると長く感じられて、飽きられるものなんですよね。くれぐれも長くなりすぎないように、注意したほうがいいでしょう。

自分の言葉を使おう!

結婚式の挨拶には、普段使い慣れない難しい言葉がよく用いられますよね。これは、昔からめでたい結婚式にふさわしいとされ、用いられてきた格調高い言葉が慣習的に残っているためで、確かにこれらを多く挨拶中に用いれば、何やら重々しく、ありがたく聞こえるものですよね。しかし、だからといって多用すればいいというものではありませんよ。結婚式の雰囲気を踏まえて適度に折り込みながら、丁寧ながらも自分の言葉を使うようにするとよいでしょう。

分かりやすい内容を!

結婚式には、新郎新婦に関係するあらゆる年代、あらゆる立場の人が集まってきますよね。だからこそ、結婚式での両親の挨拶、スピーチには、特別な配慮が必要となってくるんですね。配慮の第一点として、内容をきわどくしないことですね。親以外に我が子のことを可愛がっている親族、相手側の両親・親族、そして両人の社会的な立ち場を常に気遣うことが大切ですよ。配慮の第二点は、ある特定の人を持ち上げるあまり、他の人たちをおろそかにしてしまわないように、注意することですね。各方面の人たちに視線を向けて話せるような草稿を作るといいでしょう。

上質なホテルウェディングを品川であげませんか?高層階の絶景と臨む上質な空間、自然と歴史が織りなす空間がオリジナルの素敵な式を創り出します。